「日本語 ⇒ 多言語」と「英語 ⇒ 多言語」の両方に強い技術翻訳会社   

技術翻訳 ジェスコーポレーション

技術翻訳プロフェッショナル講座 「翻訳の真髄」


41 本格的な画像通信サービスの到来 和文英訳
【問題】次の和文を英訳してください。

電気通信サービスの多様化と共に、各種の新サービスが出現し、現在実験または一部で既に試行・実施の段階にある。特に画像通信サービスはファクシミリ・サービスをはじめ、各種サービスが研究・開発されつつある。

日本においては、将来の本格的な画像通信サービスの到来に備えて、既によく知られているように、CAPTAIN (Character and Pattern Telephone Access Information Network) システムが開発された。


【解 説】
・ 電気通信サービス:
 telecommunication service

・ 多様化:
 become versatile and diversified

・ 実験の段階にある:
 be in the experimental stage (「実験」と「試行」とは概念的にはより密接であるため、訳文中では be in the experimental and test-run stage としました)。

・ 本格的な:
 full-scale, regular

・ 画像通信サービス:
 visual communication service

・ ~の到来に備えて:
 in anticipation of the advent of ~

与えられた和文の語句をできるだけ英単語に変えていく、換言すれば逐語訳が原文に忠実な訳であるとすれば、本問の忠実な訳は次のようになります。

[直 訳]
With the diversification of telecommunication service, various new services have appeared. Some are still in the experimental stage or in trial/commercial service. Especially, visual communication services, facsimile in the beginning, are being researched and developed.

In Japan, as is well known, the Character and Pattern Telephone Access Information Network (CAPTAIN) system was developed in preparation for the coming regular visual communication service age.

世の中には「逐語訳が原文に忠実な訳である」と考える人がいます。しかし、その人たちの真意が「自分勝手な訳を避けかつできるだけ原文に密着した訳のほうが良い」という点にあるならば、賛同できないこともありません。

しかし、今まで本書の中でも繰り返し述べてきたように、日本語・英語間の逐語訳は言語構造的に不可能と言えます。加えて「翻訳」には常識にかなった論理的な明晰さが求められます。翻訳には語学の勉強のほかに、物事の論理的な思考訓練が必要なのはそのためです。

たとえば本問の例で言うと、

Some are still in the experimental stage or in trial/commercial service.

というところが、英語国民に通じるかどうかが疑問です。実験段階と商業サービス(実施)段階との間には、あまりにも差がありすぎるからです。

ここは既述のように「実験」と「試行」を併記して、「実施」の段階とは別に書くべきではないでしょうか。たとえば次のように

Some of them are in the experimental, or test-run stage, and others are already in commercial service.

いずれにしても、字句どおりに訳せば、それで正確な訳であるとは限りません。

【訳 文】
Telecommunication service has become versatile and diversified, and various new services have recently appeared. Some of them are still in the experimental, or test-run stage, and others are already in commercial service. Facsimile and other visual communication media are undergoing further research and development.

In Japan, the well-known Character and Pattern Telephone Access Information Network (CAPTAIN) system has been prepared in anticipation of the advent of the age of regular visual communication service.