「日本語 ⇒ 多言語」と「英語 ⇒ 多言語」の両方に強い技術翻訳会社   

技術翻訳 ジェスコーポレーション

特許翻訳ショート講座


以前ジェスコーポレーションで行っていた、特許翻訳講座の内容を垣間見ることができる授業参観のコーナーです。特許翻訳を勉強されている皆様のお役に立てれば幸いです。
本ショート講座は、明細書を部分的にみたものになります。

   第 1 回~第30回  「特開平7-272132 磁気マーカー」
   第31回~第71回  「特開2006-211856 ハイブリッド車およびその制御方法」

 第1回~第30回  「特開平7-272132 磁気マーカー」

第1回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:本発明は、磁気記録媒体に関し、さらに詳しくは、照合データ等の識別情報を読み取る非接触磁気記録媒体に関するものであり、磁気カードにおける偽造防止にも利用できるものである。

訳文: The present invention relates to magnetic recording media, more particularly to non-contact magnetic recording media to read identifying information such as collating data; the invention can also be used to prevent the counterfeiting of magnetic cards.

寸評:アンダーラインの部分に問題があります。to read を from which to read とすることにより、どこから読み取るかが明白になります。collating data は「照合データ」を訳した部分ですが、ここでの「照合する」の意味で collate は使用できません。match, compare などを使用します。collateは文字の順序を表すときなどに使用します(数字と文字が混在しているとき、どちらを先にするかなど)。例えば、collating order, collating sequence の形で。したがいまして collating data は matching data とします。

第2回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:磁気カードは銀行のキャッシュカード、通帳、鉄道の定期券、切符に広く利用されているが、接触式で読み取るために、機械的な摩耗、損傷等が発生する。

訳文: Magnetic cards suffer from mechanical wear, damage, and the like because they are read by contact, though widely utilized for bank cash cards, passbooks, and railway passes and tickets.

寸評:though 以下の節は前に出すのが自然です。for はas に修正します。原文は「~に広く使用されている」ですが、意味は「~として広く使用されている」からです。

第3回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:非接触式で簡易な情報媒体としては、一般的に、バーコードシステムが使用されているが、使用環境の問題、書き込みができないなどの難点が挙げられる。

訳文: Barcode systems are generally used as simple non-contact information media, but these systems have drawbacks such as usage environment problems and inability in writing.

寸評:in writing はto write に修正します。難点として「使用環境の問題」と「書き込みができない」を同列に扱うことには無理があるかもしれません。「書き込みができない」を前に出して、「使用環境の問題」はas well as で繋ぐことにします。すなわち、such as 以下は inability to write as well as usage environment problems とします。

第4回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:しかしながら、上記したマーカーは、繰り返し書き込みは出来る様にはなったけれども、上記塗膜全体が、長手方向で見て、N極S極がひとつずつしか存在しない様に、磁化されて使用されている。

訳文: Repeated writing to the above marker has become enabled, but the entire coating film is magnetized so that, viewed in the longitudinal direction, there are only one north pole and one south pole.

寸評:原文は「出来る様にはなった」ですが、ここでは現在完了形を使う場面ではありません。事実を述べているだけですから現在形で十分です。

第5回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:そこで、物品の有無は勿論のこと、マーカーが添付された物品が、数ある物品の中のどの様な物品であるか否かまで判別できる磁気マーカーが期待されている。

訳文:To address the above problem, magnetic markers are expected to be used to determine not only the presence or absence of an article to which the magnetic marker is attached but also, from among a number of articles, the type of article to which the marker is attached.

寸評:expect は悪いことを期待する場合にも使用しますから、特許では使用しない方が無難です。アンダーラインの部分は there is a desire for magnetic markers that couldとします。

第6回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:まず、本発明において、多用される用語等について具体的に説明する。本発明において、「恒透磁率性」とは、ヒステリシスループにおいて磁束密度Bが磁界Hに対して直線的であり、透磁率が入射磁界の大きさに強く依存せず一定である(=恒透磁率)という性質を意味する。

課題: First a c___________ explanation of the t______ used frequently in this invention will be given. In t____ invention, 'constant permeability' m______ that the magnetic f____ density B in the h______________ loop is l_______ w____ respect to the m___________ field H, so that the p________________ is c___________ and does not depend s___________ on the m____________ of the i___________ magnetic field.

寸評: 今回は穴埋め問題です。チャレンジしてみてください。回答は次回のお楽しみ。

第7回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:あらゆる磁化しうる物質は、それに固有な磁気的特性を有しており、所定の磁界を与えると、それに対応して磁束密度が変化する。

課題:All m________________ materials h____ their o___ magnetic p______________, according to w_______ their magnetic flux d_________ changes when a g______ magnetic field is a_________.

6回目の穴埋めの回答
First a concrete explanation of the terms used frequently in this invention will be given. In this invention, 'constant permeability' means that the magnetic flux density B in the hysteresis loop is linear with respect to the magnetic field H, so that the permeability is constant and does not depend strongly on the magnitude of the incident magnetic field.

寸評:いかがでしたか。「磁界Hに対して」の「対して」はwith respect to が使われています。これは特許ではよく使われている表現です。「という性質を意味する」が訳されていませんが、性質を述べれば、このフレーズは特に訳す必要はありません。

第8回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:横軸に磁界Hを取り、また縦軸に磁束密度Bを取り、磁界H-磁束密度Bの座標系を設けて、前記磁界の変化に対する磁束密度の変化をプロットしたものが、「ヒステリシスループ」である(以下、磁界H-磁束密度Bの座標は、H-B座標という。)

課題:The 'hysteresis loop' is a plot o__ the c_________ in magnetic flux d_________ with r_________ to the changes in t___ magnetic field i__ a magnetic field (H)-magnetic flux density (B) c_______________ system with t___ magnetic field H o__ the h_______________ axis and the magnetic flux density B o__ the v___________ axis (the magnetic f______ H a___ magnetic f____ density B c_______________ will be r___________ to as H-B c________________ below).

7回目の穴埋めの回答
All magnetizable materials have their own magnetic properties, according to which their magnetic flux density changes when a given magnetic field is applied.

寸評:いかかでしたか。according to which の表現にも慣れておきましょう。

第9回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文: 磁化すると1サイクルごとに、このループを一周する。この履歴現象が「ヒステリシス」である。従って、このヒステリシスループは、金属板又はワイヤの固有の性質を示すものである。

課題: E_____ magnetizing c______ makes o___ circuit of t____ loop. This hysteric p______________ is 'h_____________'. T___ hysteresis loop a_______________ indicates the p_____________ properties of a metal p______ or wire.

8回目の穴埋めの回答
The 'hysteresis loop' is a plot of the change in magnetic flux density with respect to the changes in the magnetic field in a magnetic field (H)-magnetic flux density (B) coordinate system with the magnetic field H on the horizontal axis and the magnetic flux density B on the vertical axis (the magnetic field H and magnetic flux density B coordinate will be referred to as H-B coordinates below).

寸評: いかかでしたか。グラフまわりの表現をここでしっかり学んでおきましょう。

第10回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:「磁気的に硬質な磁性粉」とは、硬質磁性材料からなる磁性粉を意味するもので、通常300~5000エルステッドの抗磁力を有するものが挙げられる。

訳文: 'Magnetically hard magnetic powder' means a magnetic powder composed of a hard magnetic material, normally typified by a powder having a coercivity of 300 to 5000 Oerstedes.

寸評:normally と typified by はダブっていますので、normally は削除します。magnetically hard magnetic powder は冗長表現のようですが、magneticallyがないと、磁気的に硬質なのか物理的に硬質なのか判断できないため、残します。a magnetic powder の不定冠詞は省略してもかまいません。

9回目の穴埋めの回答
Each magnetizing cycle makes one circuit of this loop. This hysteretic phenomenon is 'hysteresis'. This hysteresis loop accordingly indicates the particular properties of a metal plate or wire.

寸評: circuit は電気関係では「回路」の意味でよく使われていますが、「一周すること」と言う意味もあります。

page top

第11回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:「磁歪のない」とは、実質的に磁気歪が無いことを意味し、範囲を例示するとすれば、例えば0~1PPM(ゼロを含む)である。

訳文: 'No magnetostriction' means that there is substantially no magnetostriction, exemplified by a range of, for example, 0 (inclusive) to 1 ppm.

寸評: 0~1PPMの範囲は限定されていますから、range の冠詞は定冠詞に修正します。

第12回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文: 本発明の上記技術的構成により得られたマーカーが、磁界強度が変動する入射磁界に対して、ヒステリシスから生ずる不連続の発生磁界値の発生して応答するメカニズムについて説明する。

訳文: A mechanism for the inventive marker obtained by means of the above technical structures to respond to an incident magnetic field having varying magnetic field strength by generating a magnetic field value at which a discontinuity arising from hysteresis occurs will now be described.

寸評: for … to の構文を使用していますが、わかりにくいです。for 以下をby whichの構文に修正します。すなわち、A mechanism by which the inventive marker obtained by means of the above technical structures responds となります。あるいは、訳文を最大限生かすとすれば、A mechanism for をA mechanism enabling とすればよいでしょう。

第13回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:本発明の磁気マーカーは、例えば図5に示す様なヒステリシスループを示す。以下、その原理について図1~4を用いて具体的に説明する。バイアス磁界は、後述する入射磁界よりもその強度を小さなものとするのが良い。

訳文: アンダーラインの部分だけを訳すことにします。
A magnetic bias field having a weaker intensity compared to the incident magnetic field given later is preferable.

寸評: compared to はよく使われているフレーズですが、weaker と言う比較級を使用していますからthan に修正します。preferable, preferably は特許の分野では頻繁に使用されている単語ですが、should を使用して The bias magnetic field should be weaker in intensity than the incident magnetic field given later. としてもよいでしょう。

第14回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:一般的に磁化された磁性体の主要なエネルギーは磁化のエネルギー、異方性エネルギー、磁気歪による弾性エネルギー及び磁壁エネルギーよりなる。

訳文: In general, major energies of a magnetized body comprise magnetization energy, anisotropy energy, elastic energy due to magnetostriction, and domain wall energy.

寸評: energy を複数形で用いたことに問題があります。the energy of a magnetized body mainly comprises に修正します。

第15回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:次に外部磁界Hexの大きさがバイアス磁界の大きさより大きいときは、金属板2のバイアス磁界を受けている部分の磁気モーメントmがそろって外部磁界方向に回転していくと考えられる。

訳文: When the magnitude of external magnetic field Hex is greater than that of the bias magnetic field, the magnetic moment m of the part of the metal plate 2 to which the bias magnetic field is applied is considered to rotate together in the direction of the external magnetic field.

寸評: together は単数形 (moment m) に対して使用するのは不自然です。
moment m は複数形にして moments mとします。これに伴って part は parts になり、is は areになります。「そろって」は together より uniformly の方が適切です。

第16回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:その結果、図3に示されるように、磁気層1からバイアス磁界を加えられた金属板2は、見かけ上、バイアス磁界方向に一軸異方性をもち、外部磁界Hexが加えられていないとき磁化容易方向に磁気モーメントmは向いており、その方向に異方性磁界HA がある。

訳文:Consequently, with the bias magnetic field applied from the magnetic layer 1, the metal plate 2 has a uniaxial anisotropy apparently in the direction of the bias magnetic field as shown in FIG. 3 and, when the external magnetic field Hex is not applied, has magnetic moments m oriented in the easy direction of magnetization, which is the direction of the anisotropic magnetic field HA.

寸評:やや長い文ですが「・・・一軸異方性をもち、」で文が分かれますから、構文としては訳し易い文です。最初の下線部では apparently は in the direction を修飾してしまいますから、has an apparent uniaxial anisotropy in the direction of the bias magnetic field とします。また、二つ目のhas の主語が原文どおりに省略されていますが、the metal plate 2 has としたほうが分かり易いです。

第17回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:尚、本発明においては、磁界Hを受けていない時〔即ち、バイアス磁界を受けていない時〕における、磁歪のない金属板或いはワイヤ(B)のヒステリシスループの波形形状は重要ではないが、その状態においては、一般的には通常の角型のヒステリシスループを有していることが多い。

訳文: In the absence of a magnetic field H (in the absence of a bias magnetic field) in the present invention, the metal plate or wires (B) with no magnetostriction usually has a normal square hysteresis loop, the waveform of which is not important.

寸評: 今回は冠詞について考えます。訳文のようにthe metal plate or wires (B) with no magnetostrictionとしますと、金属板或いはワイヤ(B)は常に磁歪がないことになります。ここでは、定冠詞は不定冠詞に修正します。

第18回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:上述の磁性粉、結合剤、および分散剤を、各種の混練・分散機を用いて、分散して磁性塗料を作製する。

訳文: Using various types of kneaders or dispersion mixers, the magnetic powder, binding materials, and dispersant mentioned above are dispersed to create the magnetic coating.

寸評: 「各種の混練・分散機を用いて」は「色々ある混練・分散機のうち、いずれかを用いて」と言う意味です。下線部分は Using any of various types of kneaders or dispersion mixersとします。また、訳文では「上述の」がmentioned above となっていますが、前に出してthe above-mentioned あるいは単に the above としてもかまいません。

第19回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文: 本発明のマーカーの検出に用いる入射磁界は、通常交流磁界、具体的には、1~60Hzの範囲の周波数の交流磁界であり、検出領域の弱いところで約20エルステッド以上の出来るだけ大きな振幅を有する様に、具体的な一定値の所定周波数を選択する。

訳文: The incident magnetic field used to detect the inventive marker is usually an alternating magnetic field, specifically an alternating field with a frequency of 1 to 60 Hz; a frequency at a specific fixed value is selected so that the amplitude becomes as large as possible, being about 20 oersteds or more even in weak regions in the detection area.

寸評: 全体的によくできていますが、米国出願用であれば「具体的な一定値の所定周波数」は簡潔に a specific frequency とします。

第20回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文: 【図面の簡単な説明】
【図1】等間隔に磁化された磁気層よりバイアス磁界を受けている磁歪の大きさが0~1PPMである高透磁率の金属ストライプの模式断面図である。

訳文: BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
FIG. 1 is a schematic sectional view showing a metal stripe having a high permeability and a magnetostriction of 0 to 1 ppm, biased by a bias magnetic field from a magnetic layer magnetized at equal intervals.

寸評: 今回からは図面の説明の翻訳です。訳文は完璧です。修正すべき箇所はありませんが、a metal stripe having a high permeability and a magnetostriction of 0 to 1 ppm は a high-permeability metal stripe with a magnetostriction of 0-1 ppm として and をなくせば、さらによくなります。

page top

第21回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文: 【図2】本発明の構成物において、加えられる外部磁界の大きさがバイアス磁界より小さいときの金属ストライプの磁気モーメントを説明した模式図である。

訳文: FIG. 2 schematically illustrates the magnetic moments of the metal strips, composing the present invention, when the magnitude of the applied external magnetic field is less than that of the bias magnetic field.

寸評: 下線部の訳では「構成物」が表われていません。「構成物」は structure です。composing も constituting とします。したがいまして、下線部はconstituting a structure according to the present inventionとします。

第22回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:【図7】本発明で使用する積層体における磁気層の厚さを大きくする場合を説明した模式図である。

訳文:FIG. 7 schematically illustrates the case where the thickness of the magnetic layer is increased in the laminate used in the present invention.

寸評:問題ありません。「・・・する場合」が原文に忠実に case を使用して訳されていますが、case を使用しなくても訳せます。一例を示します。
FIG. 7 is a schematic view illustrating a laminated structure used in the invention, in which the thickness of the magnetic layer is increased.

第23回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:【図8】本発明のマーカーを着磁させる方法を示した模式図の一例である。

訳文: FIG. 8 is an example of a schematic diagram showing a method of magnetizing the inventive marker.

寸評: 「一例」は「模式図」でなく「方法」に掛けるべきです。FIG. 8 schematically illustrates an exemplary method of magnetizing the inventive magnetic marker. とします。

第24回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:【図14】実施例3におけるヒステリシス曲線を測定した結果を示すグラフである。

訳文: FIG. 14 is a graph showing the measuring results for the hysteresis curve in Example 3.

寸評: measuring results よりはmeasurement results のほうが自然ですが、「曲線の結果」ではなく「曲線の測定」ですのでthe results of hysteresis curve measurementsとします。

第25回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:【図18】表1における実施例1~3の分割数と磁気層30μの厚さにおける第1及び第2不連続発生磁界値との関係を示した図である

訳文: FIG. 18 shows the relation between the number of segments in Examples 1 to 3 in Table 1 and the magnetic field values at first and second discontinuities for a magnetic layer thickness of 30μm.

寸評: 特に問題はありませんが、下線部がやや曖昧です。when the magnetic layer is 30μm thickとします。

第26回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:【図19】実施例1、4、5の磁気層の厚さと4分割における第1及び第2不連続発生磁界値の関係を示した図である。

訳文: FIG. 19 shows the relationship between the thickness of the magnetic layers in Examples 1, 4, and 5 and the magnetic field values at the first and second discontinuities when there were four segments.

寸評: 測定は過去に行ったものですが、ここでは測定の説明ですから過去形の使用は避けてare とします。

第27回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:【請求項2】塗膜(A)が磁化されている状態における金属板或いはワイヤ(B)が、そのヒステリシスループにおいて磁束密度Bが磁界Hに対して直線的で、透磁率が入射磁界Hの大きさに強く依存せず一定である性質を示す金属板或いはワイヤである請求項1記載のマーカー。

課題: The magnetic marker of claim 1, w          , i    a h           l           of the metal plate or wire (B) w       the coating (A) is magnetized, magnetic f      density B i    linear with respect t   m           field H, a    the permeability is constant, n       d        strongly on t      m       of t       incident magnetic field H.

寸評:さて、今回は請求項の翻訳です。請求項1は授業参観としては少し長過ぎますので、請求項2から始めます。最初ですので穴埋めとします。チャレンジしてみてください。

第28回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

27回目の穴埋めの回答
The magnetic marker of claim 1, wherein, in a hysteresis loop of the metal plate or wire (B) when the coating (A) is magnetized, magnetic flux density B is linear with respect to magnetic field H, and the permeability is constant, not depending strongly on the magnitude of the incident magnetic field H.

寸評:いかがでしたか。課題の原文は6回目の原文と重複している部分がありますので、比較的楽ではなかったでしょうか。

第29回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

原文:【要約】
【目的】繰り返し書き込み可能で、存在の有無のみならずそれらの識別ができる磁気マーカーを提供する。

寸評:要約の翻訳は、出願用と優先権主張用とで訳し方が異なります。後者では原文に忠実に翻訳します。ここでは後者とします。チャレンジしてみてください。

第30回 「特開平7-272132 磁気マーカー」からの抜粋

29回目の回答
原文:【要約】
【目的】繰り返し書き込み可能で、存在の有無のみならずそれらの識別ができる磁気マーカーを提供する。

寸評:いかがでしたか。以下は参考訳です。
Purpose: To provide a magnetic marker that is repeatedly writable and permits identification as well as detection.


   第31回~第71回  「特開2006-211856 ハイブリッド車およびその制御方法」