「日本語 ⇒ 多言語」と「英語 ⇒ 多言語」の両方に強い技術翻訳会社  

技術翻訳 ジェスコーポレーション

技術翻訳プロフェッショナル講座 「翻訳の真髄」


7 オンラインシステム 和文英訳
【問 題】 次の和文を英訳してください。

情報の多様化、情報量の増大化、情報発生源の拡大化に伴い、オンラインシステムも多用な処理形態が要求されてきている。このため当社では処理目的に応じた多様なネットワークシステムを実現するために、次の四つのオンラインシステムを提供する。

【解説】
まず初めに、個々の語句の訳し方から考えましょう。原文には、「多様化」、「増大化」、「拡大化」とよくもこんなに「・・・・・化」が並んだものです。字引を引いても、最初の「多様化」diversificationぐらいしか載っていません。この調子で必要な語句のリストを作ってみます。

・ 情報発生源: information source, the source of information
・ オンラインシステム: online system
・ 多用な: diversified, different kinds of
・ 当社: the company
・ 処理目的: the purpose of processing, need
・ 実現する: realize, materialize, complement
・ 提供する: provide, offer

これらの材料と英文法(組立法)を頼りに文を作っていきます。「増大化」や「拡大化」は、単に「・・・・・していく」とか「・・・・・する」か、より簡単に「増大」、「拡大」と考えます。

With the diversification and increase of information volumes and expansion of information sources, diversified processing forms have come to be required of online systems.

おそらく、これから何年か先には自動翻訳(machine translation)が実現しているでしょう。これでやれば、語句に忠実なこのような訳文が生まれると思います。しかし、この訳文ではなんとか意味は通じるかもしれませんが、英語独特の味がありません。その理由のひとつは、語句の直訳であるため、実は英文ではなくて、英単語を使って書いた和文のような英文であるからです。


読者にはっきりこのことをわかっていただくため、逆の英文和訳の例で考えていただきます。

『翻訳の世界』1980年10月号より引用:

“Nothing shall prevent me from doing my duty.”

「何事にも、わたしが本分を遂行することを妨げさせはしないぞ!」

こんなセリフを言わせたら、きっと俳優が怒るだろう。語句に忠実な訳は、本当は原文に忠実ではない。

「いかなる支障があろうとも、この役目、必ず果たしてみせる!」(引用終わり)

意味さえわかればよい、というのであれば、翻訳に苦労はいりません。また人が一生を打ち込む値打ちもありません。

理屈を言う間にまず一筆、と言うことで、文章全体の意味を考えた訳文を以下に示します。

As more information keeps coming from more sources in more forms, online systems are being asked to provide more and more different kinds of processing.

和文では「オンラインシステム」の説明に重点が置かれているのに、さきの直訳文では「多用な処理形態」が中心になっていることにもご注目ください。話の中心になるものを主語としましょう。ある本に「技術者同士の交渉や、討議の場合、単語だけをうまく発音すれば、多くの場合意思が通じる」と、海外プロジェクトに経験の深い方が書いておられたのを思い出します。主語の選択は英作文の要です。どれを主語にしようかと迷う時は、筆者は与えられた和文を繰り返し、真剣に読むことにしています。そしてそこに書かれている事実(facts)をできるだけ単純化します。本問で言うならば、「情報の発生源がだんだん増えている」。当然のことながらそのため「情報量が増え続ける」ばかりではなく「その形もさまざまである」。と分析し、前記のような文章(訳文)に組み立てていきます。

[ 要点 ] 文章かパラグラフ全体の意味を自然な、やさしい英文に直していく。

問題の中の第2の文章の英文を考えてみましょう。

To realize diversified networks corresponding to various processing purposes, the company provides the following four online systems:

この文章も英文としては、形は整っているがどうも英文の味はありません。networks corresponding to ~のところの意味が明確ではないような感じがします。To meet this need for diversified networks と書けば、意味をはっきりと表現できます。文全体の訳文を以下に示します。

To meet this need for diversified networks, the company provides four separate online systems:
(なお、onlineは昨今は1語で書くようになっています。以前はon-lineと書いていました)

[ 要点 ] 文章はできるだけ、具体的にやさしく書く。

[訳文]
As more information keeps coming from more sources in more forms, online systems are being asked to provide more and more different kinds of processing. To meet this need for diversified networks, the company provides four separate online systems: