「日本語 ⇒ 多言語」と「英語 ⇒ 多言語」の両方に強い技術翻訳会社   

技術翻訳 ジェスコーポレーション

技術翻訳プロフェッショナル講座 「翻訳の真髄」


19 データベースの構築 和文英訳
【問題】次の和文を英訳してください。

毎年増加する自動車保有台数によって、発生資料が急増したため、これに相応する総合的資料管理が極めて重要となった。さらに顧客に対するサービス改善を図るためにも、従来の個別的分散ファイルのバッチ処理方式では、繁雑性、負荷の加重、長時間、統一性の欠如などにより、ある限界点に到達していた。そこで電算機システムXYZを導入契約し、データベースの構築に取りかかった。

【解 説】
・ 増加する自動車保有台数 → 自動車保有台数の増加: the increase in automobile ownership

・ 急増: a sudden (rapid) increase が普通ですが、ここでは an explosion とするほうが面白いでしょう。ほかに a drastic increase (in the number of ~) という表現もあります。

・ 総合的資料管理: a comprehensive / integrated data management system (原文には、とくにシステムという語はありませんが・・・・・・)。

・ 個別分散ファイル: separate, distributed files
・ (繁雑性、・・・・・、統一性の欠如など)により, は文脈から、「~の点で」または「~という要素を考慮すると」というような意味であるから、in terms of ~ が適切でしょう。

【表 現】
・ ~が極めて重要となった: ~ has become very important (場合によっては、~has come to play a very important role)ですが、ここでは、・・・・・、creating an urgent need for ~ とするほうが論旨をうまく伝えることができます。

・ 最初の文章を、英語が頭に浮かぶままに訳すと、以下のようになります。
With the increase in the number of automobile ownership, there has been a rapid rise in the volume of data generated, and this has created an urgent need for an integrated data management system.

・ 「~が重要となってきた」というときの表現は、文脈によっては、上記のボールとフェイス部分のようになることもあります。

・ ~ではある限界点に達していた: ~ had reached its limits 「そのときまでには既にそうなっていた」という意味ですから、過去完了形を使うのが適当でしょう。

・ 「顧客に対するサービス改善を図るためにも」という表現は、本問の context では、 Another reason for such a system is that we would like to offer our customers better service. ということになるでしょう。直訳では Also to improve customer service となり、簡潔ですが、続きぐあいがうまくいきません。このように、ひとつの文章(に限らず語句)は context によりその訳をいろいろ変えなければなりませんので、機械翻訳(machine translation)がいかに困難であるかがわかります。

・ 繁雑性、負荷の加重、長時間、統一性の欠如などにより」は、表現の検討というよりむしろ、語句をどう訳すかという問題が多くの比重を占めます。その訳を示すと、in terms of complexity, luck of consistency, time and workload となります。lack of consistency を disunity とすれば、もう少し読みやすくなります。また、語呂の関係で和文の語順と英語の語順は必ずしも一致していません。このような配慮は、ある程度経験を積んだうえでないとできないかもしれません。

・ ~を導入契約する: (to)contract for the introduction (or installation) of ~

・ データベースの構築: (to) construct a database

・ ~にとりかかる: (to) set out to ~

以上をまとめて訳文を作ると、次のようになります。

[訳 文]
The increase in automobile ownership each year has meant an explosion of data for us, creating an urgent need for an integrated data management system. Another reason for such a system is that we would like to offer our customers better service. The existing batch processing system of separate, distributed files had reached its limits in terms of complexity, disunity, time and workload. We therefore contracted for the installation of an XYZ computer system and set out to construct a database.