「日本語 ⇒ 多言語」と「英語 ⇒ 多言語」の両方に強い技術翻訳会社   

技術翻訳 ジェスコーポレーション お問合せ トライアル・無料お見積り
その優れた商品、日本語だけで売りますか?
世界へ売るなら、多言語対応の技術翻訳会社ジェスコーポレーションへ

日英翻訳(和文英訳) 英日翻訳(英文和訳) 中国語翻訳 韓国語翻訳 ベトナム語翻訳 アジア言語・欧州言語

技術翻訳に特化したジェスコーポレーション(JES)の翻訳者は、
ひとりひとりが得意の専門分野を持ち、「原文の正確な理解」を心がけています。

「21世紀はアジアの時代」と言われて久しいですが、もはや世界の企業は、
生産拠点としてのアジア、消費市場としてのアジアに
背を向けて活動することはできないでしょう。

優れた製品、サービス、ノウハウ、知的財産の内容を世界へ正確に伝えるために、
多言語対応の技術翻訳会社
ジェスコーポレーションをご活用ください。
お客様に必ず「満足と安心」をお届けいたします。





   客先に技術内容が正確に伝わっていない。プロの翻訳者だから安心だと思って頼んだのに・・・。
   数値・記号の間違い、翻訳抜け、用語の不統一、仕様違反など、細かいが重要なミスが多すぎる・・・。
   翻訳が約束の期日に間に合わず、重要なプレゼンテーションができなかった・・・。
   見積もり方法がわかりにくくて、その都度料金が違う気がする・・・。




 

客先に技術内容が正確に伝わっていない。プロの翻訳者だから安心だと思って頼んだのに・・・。

翻訳者にはそれぞれ得意の専門分野があります。たとえ能力の高いプロ翻訳者であっても専門分野が違えば正確に翻訳することは困難です。JESでは、翻訳者のミスアサインを防ぐため、翻訳する方向(日本語⇒英語 or 英語⇒日本語 など)を考慮するとともに、翻訳分野を細分化し、得意の分野ごとに翻訳者を厳選しています。





更新内容


2017.10.27
シンハラ語クメール語 文字サンプル更新 NEW
2017.10.18
「よくある質問」更新
2017.10.04
「JESの翻訳サービス 料金表」更新
2017.09.29
「JESの翻訳サービス 対応分野」更新
2017.09.25
各アジア言語、各ヨーロッパ言語の「最近の納品実績」を更新
2017.09.10
日英翻訳英日翻訳中国語翻訳韓国語翻訳ベトナム語翻訳の「最近の納品実績」を更新
2017.09.05
「微妙に違う和製英語とまったく通じない和製英語」を「技術翻訳ステーション」より移動



日常感じたことをとりとめなく記していきます!

ジェスコーポレーション 社長ブログ

2017.11.15
翻訳業界、昔あって今ないもの(その4) NEW
2017.11.07
翻訳業界、昔あって今ないもの(その3)
2017.11.06
翻訳業界、昔あって今ないもの(その2)
2017.11.02
翻訳業界、昔あって今ないもの(その1)
2017.10.20
世界の武器輸出国 
2017.06.30
ヨーロッパ言語とGoogle翻訳(その6)
2017.06.28
ヨーロッパ言語とGoogle翻訳(その5) 
2017.06.26
ヨーロッパ言語とGoogle翻訳(その4) 
2017.06.21
ヨーロッパ言語とGoogle翻訳(その3) 
2017.06.09
ヨーロッパ言語とGoogle翻訳(その2) 
2017.06.08
ヨーロッパ言語とGoogle翻訳(その1)
2017.01.25
「Google翻訳」はどのくらい進歩したか? 
2016.12.09
統合型リゾート推進法案(カジノ法案)の行方 


page top



 よくある質問

Q: 見積りを依頼するのに必要なものは何ですか?
A: 翻訳対象データをご支給下さい。ご支給いただくデータがMS-Word、Excel、PowerPointの場合には上書き翻訳ができるため、お見積り金額が安くなったり、納期が短くなったりする可能性があります。さらに御見積書もより迅速にお出しすることができます。どうしても翻訳対象データをご支給できないという場合には、紙原稿をFAX・郵送・宅急便等でお送り下さい。



Q: スキャンしたPDFの画像ファイルで見積りをしてもらえますか?
A: 可能ですが、その場合2つほど問題がでてきます。一つ目は、上書き翻訳ができないため、翻訳後のレイアウト作業が必要になり、お見積り金額が高くなったり、より納期がかかったりする場合があるということです。2つ目は、機械的に文字カウントができないため、お見積り完了までに時間がかかったり、正確なお見積りができなかったりする可能性があるということです。



Q: 翻訳の参考資料があるのですが、見積りに影響はありますか?
A: はい、場合によってはかなりな違いがでてきます。旧版その他の参考資料や翻訳メモリをお持ちの場合には、お見積り時に一緒にご支給下さい。それにより、お見積金額が安くなったり、納期が短縮できたりする可能性があります。



Q: お見積り前に機密保持契約を締結できますか?
A: お見積り文書が機密性の高い文書の場合には、機密保持誓約書を先にご提出させていただきます。お急ぎの場合には、弊社のひな形がございますので、弊社営業までご相談ください。



Q: 機密保持に関してはどのような対応をとっていますか?
A: お客様とNDA(機密保持契約書)を締結させていただくとともに、弊社の社員とはもちろんのこと、社外の関係者全員と機密保持契約を締結しております。その他のセキュリティ対策につきましては(JESのセキュリティ)をご覧ください。



Q: 実際の発注の前に無料のトライアル翻訳をお願いすることはできますか?
A: はい、可能です。弊社の見積依頼フォーム(トライアル・お見積り)に必要事項をご記入いただき、「無料トライアル希望」とお書き添えください。無料トライアルの分量は、日英翻訳の場合は日本語600文字以内(ただし、対象となる翻訳案件全体の量が10,000文字以上の場合)、英日翻訳の場合は、英語300ワード以内(ただし、対象となる翻訳案件全体の量が5,000ワード以上の場合)となります。英語以外の言語については、弊社営業までご相談ください。



Q: 納期前に分納してもらうことは可能ですか?
A: はい、可能です。最大限お客様のご意向に沿えるよう努力させていただきます。しかし、翻訳の品質面から考えると、できるだけ分納は避けていただいたほうがよい、という点はご理解ください。



Q: 翻訳に問題があった場合はどのような対応をとってくれますか?
A: 万が一、弊社の翻訳や作業内容に問題があった時には、無料にて修復作業をさせていただきます。迅速かつ誠実に対応させていただくことをお約束いたしますので、お気軽にお申し出ください。



Q: さまざまな種類のDTPソフトに対応できますか?
A: 弊社内で取り扱っていないDTPソフトにつきましては、弊社の協力会社でデザイン、DTP、印刷が専門の会社へ委託できますので、弊社営業までお気軽にお申し付けください。



Q: 翻訳以外にどのようなことができますか?
A: DTP、印刷、マニュアルの書き起こし(テクライト)、テープ起こし、コーパス作成など、言語に関する様々なサービスをご提供できます。お気軽にご相談ください。



Q: 法人ではなく個人ですが翻訳をしてもらえますか?
A: はい。しかし、個人のお客様の場合には代金を前金でいただいております。悪しからずご了承ください。



Q: 東京オリンピックに向けて、外国の方用のパンフレットを作ろうと思っています。
観光名所やホテルの案内といった内容の翻訳も、各国語でしてもらえますか?
A: はい、観光や広報に関する多数の翻訳経験がございます。英語、中国語、韓国語、ベトナム語、インドネシア語、タイ語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、その他数十の言語に対応しております。



Q: 翻訳してもらいたい原稿があるのですが、Wordなどのデータがなく、単なる紙の原稿しかありません。このような場合も、翻訳してもらえますか?
A: はい、問題ありません。ただし、電子データに上書き翻訳する場合に比べて、費用や納期がかかる場合があることをご了承ください。また、原稿が不鮮明である場合も同様に通常より費用や納期がかかることをご了承ください。



Q: 外国の公的機関に提出する書類に「翻訳証明書」を求められました。御社で発行してもらえますか?
A: はい、発行いたします。「翻訳証明書」の発行は、1通あたり5,000円(税別)をいただいております。また、公証人役場での認証が必要な場合には別途費用が掛かります。詳しくは弊社営業までお問い合わせください。